神社へ・・・

先日、神社へ参拝に行って参りました。

実は行った夜にブログを書いていたのですが、

3分の2ほど書いたところで下書き保存。

はてなブログは頻繁にエラーが発生しますからね。

と言ってるここでまさかのエラー。

復旧を試みるも叶わず、一度ログアウト。

再度ログインすると下書きは保存されておらず、

精神的ダメージが大きくその夜は書かずじまい。

翌日から仕事が忙しく今に至りました。

 

私の職場では4月後半から5月後半まで大改造。

ハードとソフト両面の再構築でてんやわんや。

プログラムエラーがひっきりなしに発生して

職場の皆疲れ切っています。

ようやく落ち着いてきたところですが、

6月と7月は大きなイベントがあり、

早速その準備に取り掛からなければなりません。

 

そんな状況の中、

無事に終えるよう祈願に。

 

先ずは福岡県福津市にある宮地嶽神社へ。

f:id:akabo999:20190517231047j:plain

「何事にも打ち勝つ開運の神様」として知られています。

ここには3つの日本一があり、

一つは写真の大注連縄。

直径2.6m、長さ11m、重さ3t。

専用のご神田に植えられた昔ながらの稲を使い、

毎年掛け替えられます。

2つ目と3つ目は大太鼓と大鈴。

残念ながらガラス越しで綺麗に写真に撮れず。

どちらも大きくてパワーがありました。

そしてこの神社を全国に知らしめたのが『光の道』。

f:id:akabo999:20190517232010j:plain

嵐が出演した某CMで話題になりましたね。

年に2回、この参道の先に夕日が沈む光景が見られます。

参拝のあとはこの階段を下りたところにある、

『宮地館』という食事処で福津名物の鯛茶漬けを堪能。

f:id:akabo999:20190517232735j:plain

玄界灘で獲れた新鮮な鯛が美味しい。

一杯目はそのまま丼で。

f:id:akabo999:20190524210729j:plain

二杯目は出汁を注いで茶漬けで。

あっさりとした出汁に三つ葉ミョウガがいい味出してます。

食後は宮地嶽名物の松ヶ枝餅を。

f:id:akabo999:20190524211242j:plain

宮地嶽神社の社紋「三階松」の焼き印があるのが特徴。

焼きたてで周りはサクサク、中はホクホクで美味しいです。

 

さて一息ついたのち、向かったのが宗像大社

f:id:akabo999:20190524212540j:plain

f:id:akabo999:20190524212633j:plain

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

宗像・沖ノ島と関連遺産群」として

世界遺産に登録されています。

宗像大社沖ノ島沖津宮、大島の中津宮

そして本土にあるここ辺津宮の三宮からなります。

沖ノ島は「神宿る島」として一般人の立ち入りは制限されています。

沖ノ島には国家の繁栄と海上交通の安全を祈るために

神様に捧げられた宝物が沢山あり、

その多くが国宝とされ「海の正倉院」と呼ばれています。

f:id:akabo999:20190524213919j:plain

鎮守の森を通って高宮祭場へ。

小鳥のさえずりと木の葉が風にそよぐ音しかない世界。

心が静まるそんな厳かな空間でした。

 

 

宮地嶽神社ではパワーを貰い、

宗像大社では汚れた心を浄化された感じがしました。

家族の無病息災、家庭円満、

そして日本の、世界の平和を祈願して参りました。

また、一家の大黒柱として男として、

活躍することを誓ってきました。

 

 

あれ、職場のことは?

 

ま、いっか。

 

わすれな草

書かなければ・・・

平成が終わる前に何としても書かないといけない。

 

 

TV番組『直撃!シンソウ坂上 尾崎豊SP』が

尾崎の命日に合わせて放映されました。

以前このブログでも書きましたが、

私は10代後半から20代半ばまで彼のファンでした。

家出をして東京の片隅で文字通り這いつくばって生きている中で

同じ歳の彼の歌だけが希望の光でした。

なけなしのバイト代で買ったウォークマン

カセットを何度も何度もリピートして。

楽しかったことも辛かったことも全て彼の曲と共にある。

 

 

 

1992年4月25日、職場に置いてあるテレビに速報が。

尾崎豊さん死去」

呆然と見つめたことを憶えているがその後の記憶はない。

 

なぜ?何が起こったんだ?死ぬはずがないだろ・・・

受け入れない、受け入れられるはずがない。

悲しみよりも怒りの方が強かった。

死因は肺水腫。

その後にいろんな推測が報道された。

ニュースに週刊誌。

覚醒剤の大量摂取、他殺、自殺、奥さんの陰謀説まで。

そのどれひとつも俺を納得させるものはなかった。

怒りは静まるどころか増幅していった。

メッセージ性の強い彼の歌詞が白々しく感じて来た時、

聴くのをやめた。

その後仕事にのめり込むことで心の穴を埋めていった。

チャゲアスハウンド・ドッグなど

お気に入りのミュージシャンはいたが、

ファンになることはなかった。

 

何度目かの引っ越しで彼のCDを手放した。

過去との決別だと信じた。

 

 

 

2017年のある日。

深夜に帰宅し疲労困憊の中、TVの有線放送を点けると

1991年の横浜アリーナでのライブの模様が。

1985年11月の代々木オリンピックプールでのライブに

行ったことを思いだした。

歌詞がスラスラと出てくる。

20年以上聴いてないのに。

怒りは湧かなかった。歳を取ったせいか。

 

平成を終える間際に前出のTV番組が。

そうか、そうだったな彼の命日だった。

録画した。

なぜか。

家族のいる前では見たくなかった。

録画を深夜一人で見た。

彼のプロデューサーだった須藤晃さんの言葉が

若い頃の記憶を呼び戻す。

 

 

彼が「尾崎豊」であるために闘い続けてきたこと。

自らが成長することと求められることのギャップ。

もがき苦しみ、のたうち回る日常。

アルコールとドラッグで身を削る日々。

 

俺達が彼を追い詰め殺したんだ。

 

彼の曲と共に葬り去った己の過去。

家出、退学、失恋、裏切り、挫折・・・

いろんなことが甦ってくる。

彼の曲で己の醜さを覆っていたのではないか?

彼の曲に己の歪んだ心のはけ口を求めていたのではないか?

 

f:id:akabo999:20190430001618j:plain

いつだったか購入するも開くのが怖くてタンスの奥にしまっていた本。

自分を振り返るのが怖かったのかもしれない。

自分の過去を受け入れたくない自分がいたのか・・・

 

f:id:akabo999:20190430003300j:plain

尾崎豊10代の3枚のアルバム。

このカセットだけは捨てられずにいた。

10代最後のアルバムがなぜ10曲でなく9曲なのか。

その理由も今なら分かった気がするよ。

 

 

平成の幕開けは尾崎豊一辺倒だった。

平成7年の1992年、彼の死をきっかけに

聴かなかった、聴けなかった24年。

そしてこうして平成最期の日に彼の曲を聴き、

彼とは尾崎豊とは何者だったのかと考える。

ひとつだけ確かなのは彼も俺たちと同じ若者だったということ。

彼の曲を聴きながら涙が止めどもなく溢れてくる。

 

今なら言える、今だから言える。

「ごめんなオザキ、そしてありがとう。

もう忘れないよ。安らかに。」

 


forget-me-not - Yutaka Ozaki (English lyrics) 尾崎豊

 

 

 

家族旅行、北九州編②

随分間が空いてしまいました。

仕事が忙しいのと、

相変わらず心の調子が思わしくなく…

まぁ、それでも何とかやれているので

そのうち上向いてくるでしょう。

 

そうそう、旅行記が途中でした。

小倉を後にし向かったのは門司港、でしたね。

f:id:akabo999:20190412223043j:plain

門司港とは

明治時代に貿易の拠点として栄えた港町です。

戦後貿易拠点が変わり衰退していったのですが、

明治期の建築物が残っていたため、

それらを移築して「門司港レトロ」として観光地化しています。

f:id:akabo999:20190412224210j:plain

f:id:akabo999:20190412224239j:plain

f:id:akabo999:20190412224310j:plain

旧門司税関、旧大阪商船、旧三井倶楽部などなど

じっくりと見て回りたかったのですが時間が無い。

それでも門司に来たら焼きカレーということで、

f:id:akabo999:20190412224840j:plain

「王様のたまご」という焼きカレー専門店で頂きました。

f:id:akabo999:20190412225022j:plain

名前の通りたまごにこだわっているだけあり

とても美味しい。

焼きカレーは門司が発祥なんですね。

門司港レトロの周りは焼きカレー専門店がいっぱいあるので

観光の際はぜひ食べて下さい。

門司はバナナの叩き売りも有名ですね。

輸入したバナナを門司から鉄道で本州に輸送するのですが、

目的地に着く前に熟してしまいそうなバナナは、

門司港の露天で独特の口上を述べながら売っていたのです。

f:id:akabo999:20190412224058j:plain

素敵なカップル二組をパシャリ。

 

出発が遅れたので駆け足の初日。

このあと車に飛び乗って

関門トンネルを通り一路本州、山口県下関市へ。

お宿は関門海峡を見下ろすオーシャンビューが売り。

f:id:akabo999:20190412231640j:plain

確かに海峡を見下ろす…

でも関門橋よりは低いよね。

イメージとして高台にあるものと勝手に想像していました。

それでも客室が少ない分サービス、

心配りが行き届いたおもてなしを受けました。

海峡を通る船を観ながら浸かる展望風呂は最高でした。

静かな闇の中、遠くで鳴る汽笛を聴きながらいつの間にか夢の中へ。

 

下関編はまた後日…

 

いつになるんだ?

 

 

 

Nissyのソロコンサートへ

Nissyのソロコンサートに行って来ました。

 

Nissy Entertainment "5th Anniversary" BEST DOME TOUR

AAAのNissy、ソロ活動5周年を記念してのツアーとのこと。

 

以前ブログで書きましたが、娘が大ファンでして。

会員限定のプレミアムチケットが1枚当選し、

落選した時の保険としてのカミさん名義の一般チケットも2枚当選。

当然娘がプレミアム席で、私とカミさんがスタンド席。

f:id:akabo999:20190318235755j:plain

私はほとんど聴いたこと無かったのですが、

娘から「予習しときなさい」とCDを渡されてました。

前日に半分寝被りながら子守歌みたいに聴いてました。

 

最近はずっと深夜2時からのシフト勤務。

おまけに今、私の職場は物理的な大改造を実施中でして。

いろんな制限の中、いつも以上に気を使うのでクタクタです。

 

コンサート当日は休みを希望していましたが、

他のメンバーと希望が重なり、泣く泣く出勤に。

しかも当日、帰宅間際にトラブル発生。

トラブル対応で残業となり、昼過ぎに帰宅。

カミさんと娘はグッズ購入のため早朝から会場に。

シャワーを浴びて昼食をとり、車に乗り込みました。

会場のヤフオクドームの周りは帰りが渋滞となるので、

少し離れた唐人町商店街の駐車場に停めます。

ドームまで歩いて15分ぐらいかかりますが、

帰りの渋滞に引っかかるよりマシです。

 

ヤフオクドームが見えてきました。

f:id:akabo999:20190318235541j:plain

f:id:akabo999:20190318235836j:plain

開場を待つファン。

圧倒的に10代、20代の女性が多い。

何か場違いな感じ。

もしかして私、最年長?

しかも無精髭(笑)

 

先に来ていたカミさんと娘と合流。

開場時間になりドーム内へ。

f:id:akabo999:20190319000249j:plain

娘はプレミアム席なので一人アリーナへ。

私とカミさんは3塁側スタンドで前から13列目、だったかな?

着席してしばらくウトウトしていると始まりました。

ここから先はネタバレになるので詳細は書きません。

ヤフオクドームは4大ドームツアーの初日ですから。

 

予習(?)してたおかげですぐにノリノリに。

もともとダンスナンバーが多いのかな?

演出も凝っててとても迫力あるものでした。

Nissyもスタンド間際まで来てくれて

女性の嬉しい悲鳴が響き渡ります。

そしてラストには重大発表が・・・

その後、サプライズもあり大歓声の中閉幕。

会場を出て興奮冷めやらぬ娘と再会。

f:id:akabo999:20190319002108j:plain

あ、これからコンサートに行く方。

ハンドライト(?)は外せないですよ。

演出の一部となり、一体感ハンパない。

私も買っとくんだった。

 

帰宅直後に気絶して爆睡したのは内緒です(笑)

 

 

家族旅行、北九州編①

先日、家族旅行に行って来ました。

 

連休がもらえたので思い付きで旅行にと。

休みが合わなかった息子は今回不参加。

北九州~山口。

近いのになかなか行く機会がなかった。

私は山口県をじっくり周りたかったのですが、

娘が小倉と門司港に行きたいと。

娘から行きたいと言い出すのは滅多にないことで、

カミさんも賛同して決定。

一日目は北九州の小倉と門司港へ行くことに。

 

前夜に、夜更かし朝寝坊常習犯の娘が

「明日何時に出発すると?8時?9時?」と。

いやいや、そんな早くあなたが起きれるのですか?

ちち「あなたが起きた時間による。」

娘「楽しみなイベントでは早起きするよ!」だって。

で翌朝、何度も声掛けして起きて来たのが10時。

車をすっ飛ばして北九州を目指します。

高速道路を使用する際は太宰府ICからが多いのですが、

今回は福岡ICから乗る予定。

営業をやってたころ抜け道を通って福岡ICに行ってたので

昔の勘を頼りに・・・案の定道に迷いました(笑)

営業職は20年以上前だもの、道も変わってるし。

素直にナビに従えばよかった。

 

昼頃に北九州の小倉に到着。

先ずは北九州の台所、旦過市場へ。

f:id:akabo999:20190315005153j:plain

天ぷらなどを食べながら散策。

そして小倉駅近くの行列の出来るパン屋さんへ。

シロヤベーカリーのオムレット。

写真を撮り忘れたのですが、甘すぎずとても美味です。

その後娘の最大の目的、古着屋巡り。

ところが1件目で大のお気に入りが見つかり、

大枚はたいて(娘のバイト代です)古着屋巡り1件で終了。

その後は魚町新天町を散策。

そしてカミさんが行きたがっていた「つじり茶屋」へ。

f:id:akabo999:20190315002823j:plain

店内奥の喫茶室で抹茶セットを頂きます。

f:id:akabo999:20190315002953j:plain

私は「抹茶大福セット」。

枯山水的な中庭を眺めつつ至福のひと時を過ごしました。

 

そして小倉を後に門司港を目指します。

 

続きは後ほど・・・

 

 

 

"Made in ASKA"福岡公演

昨日、

ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

福岡公演に行って参りました。

 

シフト勤務の疲れが溜まり、プライベートでの用事も重なり、

出発前の仮眠から起き上がれず、参加を見送ろうかと…

そんな時にアルバム『12』を聴いたら気持ちが「行こう」と。

f:id:akabo999:20190220192315j:plain

重い体を起こし、取り敢えずその辺にあるものを着て出発。

電車、バスと乗り継いだものの

満員のバスで気持ちが悪くなりまさかの途中下車。

大丈夫か、自分!

自販機で冷たい缶コーヒーを飲んで少し落ち着きました。

ここからは歩いて会場の福岡サンパレスを目指します。

 

見えてきました。

f:id:akabo999:20190220192236j:plain

見えると気持ちが昂ってきますね。

いつしかいつもの歩調に。

会場でSYMPHNICの時にお会いしたFellowsの方々と再会。

皆さんから素敵なプレゼントを頂きました。

 

私の席は1階真ん中やや前方で申し分ない所。

コンサートの模様はネタバレになるので書きませんが、

SYMPHONICの時と比べると

明らかにスマートになり声も良く出ています。

もう声のことを気にせず楽しむことが出来ました。

実はSYMPHONICの時は声が気になって

とても楽しむことは出来なかった。

(それでも気迫で歌うASKAの姿に感動しました。)

一抹の不安も一曲目で消え失せました。

とにかく感動の嵐!

皆さんのいろんな想いが詰まっているであろう曲目達。

私自身、何度も目頭が熱くなりました。

 

笑いあり涙ありの素敵なコンサートでした。

ASKA、そしてバンドのみなさん、

素敵なステージ、夢のようなひと時をありがとう!

 

コンサート後は念願のdykoさんにお会い出来ました。

会報の記念すべき第一号の

「Fellowsのひとりごと」に選ばれたdykoさん。

私、彼女のはてなブログのファンなんです。

フランスから駆けつけての参戦。

素敵な旅となるよう祈ってます。

 

今回もASKA、そしてFellowsの皆さんに

たくさん元気をもらいました。

行って良かった。

 

さあ、明日からまた頑張るぞ!

 

f:id:akabo999:20190220192421j:plain

 

時の流れに身を任せ…

久しぶりの更新となりました。

今年に入って初ですね。

実は昨年の秋から心の調子が悪く、

ずっとこじらせたままです。

ASKA SYMPHONIC CONCERTで

一旦は回復したかと思われたのですが、

またすぐに超低空飛行。

そのまま年を跨いでしまいました。

いろんな思いを振り払うようにプラモ製作に没頭してきましたが、

ここにきてそれさえも手が付けられない状態に。

仕事もルーティン業務は問題ないのですが、

その他の業務は全く進展せず停滞中(笑)

こういう時は焦って何かをしようとはせず、

静かに時が過ぎるのを待つことが肝要。

ここ数年の経験から学びました。

というわけで何もせず久しぶりにブログをと。

 

昨夜はASKAのバンドツアー2日目でしたね。

初日、2日目とも大成功だったようで良かった。

心配なのは19日の福岡公演で私がついていけるか…(笑)

私自身、ASKAの新譜は「Black&White」で止まったままなのです(笑)

まあ今更騒いだところでどうなるものでもない。

ええいままよ!

 

ところで先日のことですが、

我が家に大きな荷物が。

f:id:akabo999:20190209120809j:plain

空けると中から箱が…マトリョーシカかっ???

f:id:akabo999:20190209120924j:plain

なんと、Nissyのグッズでした。

f:id:akabo999:20190209121052j:plain

f:id:akabo999:20190209121124j:plain

CD?DVD?8枚も!

他にもグッズが。

娘はAAAのNissyのファンなのです。

お値段聞いたらぶっ飛びました!

しかもしかも3月にあるヤフオクドームでのコンサートも

チケットが取れたと。

抽選でプレミアムチケットが1枚当選。

更に、落選した場合の保険としてカミさん名義で

一般チケットを2枚申し込んでたのですがそれも当選。

3枚…どうする?

娘「プレミアムは私。」

カミさん「娘一人で行かせるわけにはいかない…私も行きたい」

ちち「え…?」

聴いたことないのですが私も参戦することに。

因みにグッズ代、チケット代は娘のバイト代からです。

 

 

 

 

あれれ、他にも書きたいことがいろいろあるのですが

まったく頭の中で整理が出来ません(笑)

かなりな重症のようです(笑)

10日後に福岡公演なんですが、大丈夫か自分(笑)

福岡公演、1階真ん中辺りでノリの悪い奴見かけたら私です(笑)

 

さて、ブログもまとめることが出来なくなってきたので

録り溜めたアクション映画でも観ましょうかね。

なあに、今が最下降付近なので、あとは上がるのみです。

きっとそのうち上向くはず…

時の流れに身を任せます。