F4U-1A ジョリーロジャース製作記①

またまた久しぶりの更新となってしまいました。

5ヶ月ぶり?

TwitterInstagramでさえ投稿が少ないので

もともと筆無精なんでしょうね。

このはてなブログもこの5ヶ月の間、何度か書き始めたものの

適切な言葉がなかなか思いつかず悩んだ挙げ句削除。

年末には絶対にと思ってたのですがこんな有様です。

筆無精に加え言葉に気を遣うのが億劫なんでしょうね。

今回は最後まで書き続けることが出来るのでしょうか(笑)

 

今回は模型のお話。

昨年10月中旬~12月中旬にかけて

飛行機模型専門のスケールアヴィエーション誌にて

コンペが催されました。

テーマはコンペ用に2,000円以内で新規に買ったキット。

コロナで苦しむ模型店で購入して

模型業界を盛り上げようという試みです。

私も早速行きつけの模型店でキットを購入。

f:id:akabo999:20220113144332j:plain

韓国の模型メーカーであるアカデミーの1/48スケール、

「チャンス・ヴォートF4U-1Aコルセア」で臨みます。

第二次大戦時のアメリカ海軍航空隊及び海兵隊

運用された機体です。

艦載機として設計されたため主翼は畳むことが出来るのですが、

このキットでは再現されてません。

そこで今回は機体全体へのリベット打ちと

主翼を片方折り畳んだ状態への改造を目玉として進めます。

f:id:akabo999:20220113145506j:plain

胴体のパネルラインに沿ってリベットを一つずつ・・・

 

f:id:akabo999:20220113145618j:plain

主翼も大小2種類のリベットを。

上がリベットを打った状態で下がキットのまま。

 

f:id:akabo999:20211231232812j:plain

主翼の右側を折り畳む位置で切断。

 

f:id:akabo999:20220113150114j:plain

エンジンにもプラグコードを追加。

 

f:id:akabo999:20220113150326j:plain

塗装でそれっぽく。

 

f:id:akabo999:20220113150411j:plain

シートベルトはマスキングテープを細切りにして。

針金で金具をそれっぽく。

 

f:id:akabo999:20220113150559j:plain

組み付けていくとこんな感じです。

 

f:id:akabo999:20220113151304j:plain

切断面はプラ板で塞ぎます。

 

f:id:akabo999:20220113151438j:plain

折り畳んだ状態での固定方法をいろいろ悩んだ挙げ句、

針金を2本仕込んでパテで位置を決めることに。

 

この固定方法に決めるまで長い期間悩みました。

また仕事も忙しくなりしばらく中断となりました。

この間、仕事の忙しさと思うように捗らないことで

ストレスがたまっていきます。

 

続きはまた後ほど・・・

 

 

久しぶりに書いて疲れました。。

情報に流されず・・・

またまた久しぶりの更新となってしまいましたが、

モデルナのmRNAワクチン2回目接種して一週間経過。

副反応は接種翌日の発熱(38度前後)と肩の痛みのみ。

いずれも一日で治まりました。

免疫がつくまであと一週間位ですね。

とはいえ自身は発症せずとも媒介者になる可能性はあり、

またラスボス的(?)なδ株に有効かまだはっきりしないため

これからも変わらず感染予防に務めていきます。

 

治療薬として脚光を浴びたイベルメクチンは

良好な結果を示したデータが改竄されていたことがわかり

論文が撤回されたようですね。

私がTwitterでフォローしてる開業医の方々は

最初から懐疑的でした。

塩野義製薬の遺伝子組み換えたんぱくワクチンは治験中

なのかな?

有効性が証明されてすぐに承認されればいいですね。

 

ここで私がSNSで得た情報を整理・・・

 

ワクチン推進派の医療関係者や学者の方々は

・mRNAワクチンは細胞内の核には入り込めず

 遺伝子が書き換えられることはない

・イベルメクチンは医学的根拠はない

 逆に処方すると本来必要な患者に

 出せなくなる可能性がある

・δ株で新規感染者が激増して医療現場は逼迫中

・接種後に死亡した例があるが因果関係は本当に不明

 そもそも死亡者数の統計上では急増してるわけではない

 (亡くなられた方やご遺族の方は納得できないですが・・・)

 

一方、ワクチン反対派の方々は

・遺伝子に入り込んで影響がないわけがない

・インドで成功したイベルメクチンを早く承認すべし

・ワクチンを接種した人も感染しているのでワクチンの効果なし

 逆にワクチン接種者の方がかかりやすい

・ワクチン接種後に死亡例が急増

 政府は因果関係は不明としているが明らかに関係ある

・ワクチン利権

 

といったところでしょうか。

 

ワクチン接種に関してはこうも意見がわかれているため

強制は出来ず本人の判断に任せるしかない。

ただ、「推しがこう言ってるから」、

「推しが勧める動画を見て決めた」は悲しいね。

推しも間違いはある。

一つの情報として接することが大事。

 

 

ここにきてまだ

・コロナはただの風邪で利権が絡む陰謀

・コロナはただの風邪なのでマスク不要

といってる方々はもう論外。

私の周りでもかかってますからね。

体験者が身近にいるとよくわかります。

普通の風邪じゃないことを。

中にはワクチン接種による人口削減説まで。

日本は4割削減を目標にされてるって?

これを信じる方もいるようですね、

リツイートでよく流れてきます。

医療従事者のほとんどの方々、

そしてこれから順次接種されていく自衛隊の方々。

この方々も削減対象なんでしょうね。

ありえますか?

 

イベルメクチンも北里大学臨床試験を実施中なのかな?

効果を実証できればいいですね。

既存の薬で効果があれば一番早いですからね。

 

大事なことは「情報」に流されず、

自分の考えを持ち行動すること。

 

あ、ようやくPCのデータ移行が終了しました。

古いPCもリサイクル便でメーカーに発送。

これで部屋も片付きました。

40日ぶりにプラモ製作を再開しましょうかね。

 

 

集団免疫…

久々の更新となります。

 

数日前に会社からコロナウイルスに対するワクチンの

職域接種の予約が近いうちに始まると通達がありました。

ワクチン接種については私なりに心に期するものがありました。

 

ツイッターでは毎日、ワクチンによる副反応と書かれた画像や動画が

沢山リツイートで流れてきます。

ファイザーの元会長?が

「ワクチン接種した人は2年以内に全て死ぬだろう」と言ったとか、

生殖機能に甚大な影響を及ぼすとか、

果てにはマイクロチップが混入されてるとか…

また、「コロナは風邪だ、怖くない」

「マスクを外せ、コロナ脳」といったツイートも。

私の事業所でも同僚二人が感染しましたが、

「明らかに普通の風邪とは違う、死ぬかと思った」と話してます。

一人はまだ味覚がおかしいとのこと。

私は責任のないツイート、リツイートより

体験した同僚の言葉を信じます。

またツイッターではコロナ対応してる開業医の先生を

フォローしていてそちらから情報を得ています。

しかし、

何が正しいのか、或いはすべてが幻影なのか。

これだけ情報が入り乱れ、

デマやフェイクニュースが拡散される世の中。

どれを信じればよいのか、

疑心暗鬼になり疲れて感情的になってしまいますね。

最近はツイッターを見るのも辛くなってきました。

 

そんな中、ワクチン接種について家族と話し合いました。

カミさんは元々薬やワクチン(コロナに限らず)の成分に

疑問を持っていたのでワクチン接種はしない意向。

娘もカミさんの影響でワクチン接種には慎重派。

娘が「お父さんも打たないで」って。

そこで私は二人に私の考えを告げました。

「人口の60%が免疫を持てば集団免疫となる。

コロナワクチンにはまだ未知な面もありそうだがら

15歳未満の子供たちや不安に思ってる方々が

接種せずとも済むよう大人が接種することで

集団免疫を獲得しなければならない。

お父さんは時期が来たら接種するよ。」と。

先の短い大人がリスクを背負ってこの国を救わねばどうする。

もちろんいろんな考え、意見があって当然です。

これはあくまで私なりの考えで強制するものではありません。

また共感もなくていい。

自分を信じるだけだ。

 

というわけで予約開始とともに申し込み、

本日ワクチン接種1回目を終えました。

モデルナ製mRNAワクチンでした。

接種時の痛みはありませんでした。

明日、明後日と休みをとったので様子を見ていきます。

またまた久しぶりの更新となります。

今回も模型のお話です。

 

飛行機模型で再現したいシーンの一つが飛行状態。

 

f:id:akabo999:20210225182410j:plain

 

子供の頃は脚が出ててプロペラが止まってても

手に持ってブーーーーンってやって満足でした。←ブンドド

しかし大人になった今では少しでも実物に近づけたい。

脚は引っ込めてプロペラは回って…

ところがプロペラ回転の再現が難しい。

以前はマイクロモーターを仕込んで

実際に回したこともあったのですが…

モーター軸に対するプロペラスピナー軸の芯出しが難しい。

芯がズレると回転がブレる。

斜めになるとスムーズに回転しない。

キレイに回転しても撮影が難しい等々

 

f:id:akabo999:20210225201509j:plain

これは約1年前に製作したメッサーシュミットBf109G-6。

マイクロモーターを仕込んで

台座に電池ボックスとスイッチを設置。

苦労した割にはプロペラ回転の視覚的効果は…

カメラ(スマホですが)のシャッタースピード

変えればいいのかもしれません。

しかしもっと手軽に飛行状態を再現してブンドドしたい!

 

てなわけでこれもいろんな方が試されている方法を。

 

f:id:akabo999:20210225202745j:plain

0.2mm厚の透明プラ板をサークルカッターで切り抜き。

 

f:id:akabo999:20210225203022j:plain

ブレードが3枚なので回転方向にざざっと色を塗ってカット。

中心はスピナーの内径の分残しておきます。

 

あとは機体の方を製作。

 

f:id:akabo999:20210225203524j:plain

アカデミーの1/72スケール

「カーチスP-40Bトマホーク」

このキットは安価ながら駐機状態と飛行状態が選べます。

パイロットと脚を収納した状態のパーツが付いてます。

キットの塗装見本は私のイメージと違ったので

私のイメージに合ったカラーを筆塗りしてます。

 

f:id:akabo999:20210225204232j:plain

透明プラ板で作ったプロペラを取り付けて完成。

 

もう一機、実はこちらが主役です。

 

f:id:akabo999:20210225204810j:plain

この本は40数年前、小学生の頃にお年玉で買ったものです。

 

f:id:akabo999:20210225204947j:plain

この隼の美しい機影に憧れて。

この絞り込まれた胴体。

零戦とはまた違う美しさ、魅力を持った戦闘機ですね。

私はどちらかというと隼のほうが好きかも。

 

f:id:akabo999:20210225205242j:plain

セガワ1/72スケール

日本陸軍一式戦闘機 隼Ⅱ型」

このキットは駐機状態のみでパイロットもなし。

飛行状態にするにはタイヤを納めなければなりません。

 

f:id:akabo999:20210225205535j:plain

タイヤを薄く削り込んで納めました。

脚柱カバーは足りない分をプラ板で追加。

 

f:id:akabo999:20210225205735j:plain

パイロットは他のキットから流用。

同じくハセガワの1/72スケール

アメリカ現用空軍パイロット&クルーセット」の

クルーなのですが頭の角度を変えてパテを盛って

パイロットらしく顔を整えました。

 

f:id:akabo999:20210225210156j:plain

塗装は機体全体に缶スプレーのシルバーを。

機体上面はアクリルの緑と濃緑色を筆塗りして溶剤で混ぜ混ぜ。

 

f:id:akabo999:20210225211110j:plain

デカールを貼り付け。

日の丸が入るとテンションが上がりますね。

 

f:id:akabo999:20210225211540j:plain

アンテナ線とプロペラを取り付けて完成。

 

もう一つ小道具を作製。

 

f:id:akabo999:20210225211754j:plain

手芸用の綿に缶スプレーで黒を軽く吹き付け。

息子のヘアスプレーを何度も吹き付けて固めました。

(後日…

息子「あれ?ヘアスプレーもうすぐ空じゃん。

最近買ったばかりなのに。お父さん使った?」

ちち「ああ、少しね。今度買うときはハードにし。」

息子「???」)

 

f:id:akabo999:20210225212351j:plain

真鍮線を芯にしてトマホークに取り付け。

 

 

f:id:akabo999:20210225212817j:plain

 

f:id:akabo999:20210225212548j:plain

バルコニーにて撮影。

 

両機とも腹の内部にネオジム磁石を仕込んで

アームの先っぽに磁石を付けたスタンドに固定。

これぞ大人のブンドド!

 

プロペラもいろんな表現方法があるようですね。

これからもいろんな方の作品を見て

いろいろと試していきます。

今回は少年時代にインスパイアされた挿絵を再現。

フォロワーさんに画像のアームの消し方を教わったので

そちらも挑戦していきます。

そうすれば楽しみも倍増しそうでしょ?

これからもワクワクするようなことを

考え製作していこうと思ってます。

 

悪夢の2020年…

年を越す前に一年を振り返る予定でしたが

クリスマス前から忙しく、

しかも夜勤続きでそのまま年を越してしまいました。

義父が亡くなったため新年のご挨拶は辞退いたします。

 

というわけで今更ですが、2020年を振り返ろうと思います。

 

2020年幕開けからコロナウイルスでしたね。

豪華客船ダイヤモンド・プリンセス号における

混乱した対応は仕方なかった。

初めての出来事でしたからね。

現場で対応に当たった医療従事者の方々は

ホントに大変だったと思います。

政府の混乱も分からぬでもない。

ただその後が酷かった。

海外からの渡航を禁止せず、

渡航者に対しての隔離措置も本人任せ。

各国が日本からの渡航制限をしていく中、

遅れてようやく渡航制限に踏み切る。

そして4月の緊急事態宣言。

いろんな著名人の方々が早くから警鐘を鳴らしてたのですが

政府のブレーンには届かなかったですね。

事態を甘く見過ぎた。

財界からの圧力と某国への配慮により

国民の安全をないがしろにした結果だと感じました。

政府にそこまでの権限はないという話もありますが、

政府が動かねばどこが動くのか?

戦後、防衛を他国に任せ依存したツケは大きい。

細菌兵器だったら?

 

安倍総理は平時ではよくやられたと思いますが、

有事ではリーダーシップを発揮出来ませんでしたね。

2011年の東日本大震災時の民主党政権よりはマシですが…

 

夏には新規感染者が減って落ち着きましたが、

冬になれば増えるということは小学生でもわかります。

これも多くの著名人の方々が言っていましたね。

そのための準備を政府はやってきたのか。

後を継いだ菅政権も既に右往左往。

派閥の論理で動く今の自民党では先が思いやられる。

かといって政権を任せられる野党はない。

モリカケ・桜の問題があったとしても

自民党に託すしかない現状。

野党を育ててこなかったことが今になって

ボディブローのように効いてきましたね。

まあ政党だけでなくマスメディアも某国に

掴まれてますからね。

早く憲法9条を改正すべきなのですが、

いつになることか…

 

私事では

4月に義父が癌で余命3ヶ月と宣告を受けました。

本人も家族も一縷の望みを懸け治療を行ったのですが

7月に帰らぬ人となってしまいました。

ちょうど一年前にある約束を交わしたのですが

その約束を果たせぬままとなってしまいました。

 

同じく7月には俳優の三浦春馬が自ら命を絶ちました。

映画『永遠の0』でその仕草、表情が息子に似てて

勝手ながら息子を見守る父親みたいな気持ちで

応援してました。

7月は私の誕生月ですが、

2020年の7月は生涯忘れられない、

忘れることの出来ない誕生月となりました。

 

その後の半年は何かに憑りつかれたように

仕事と模型にのめり込みました。

何かをしていなければ涙がこぼれてくる。

感情のコントロールが未だに全く出来ていません。

 

12月に入ってはサッカー界のレジェンド、

ディエゴ・マラドーナパオロ・ロッシが共に

この世を去りました。

二人とも私が高校時代サッカーに明け暮れていた頃の

憧れのスーパーヒーローでした。

 

 

ようやく悪夢の2020年が暮れようとする頃、

実家の母が体調不良との連絡。

精密検査の結果、危惧された癌はなく

極度の貧血が原因だろうとのこと。

薬で様子をみていくことに。

ホッと胸をなでおろす暇もなく

今度は義母が転倒と連絡が。

病院に行きたがらないので私たちが行って説得。

病院に連れていくと足と肩を骨折しててそのまま入院。

義母は病院で年を越しました。

数日後に手術する予定ですが、

リハビリは早くて2週間後からとのこと。

高齢なため筋力の衰えが心配です。

 

あぁ、もうすでに2021年波乱の幕開けだ…

今年はどんな一年になるのか…

敵役…

もうクリスマスも過ぎてしまったんですね。

仕事でバタバタしててすっかり忘れてました。

 

実は前回書いた「PB4Y-1 製作記」には続きがありまして…

ボックスアートに描かれたあの存在!

忘れてはならない敵役のUボート

連合国側の船舶を恐怖のどん底に突き落とした

ドイツ海軍の潜水艦。

こちらも作らねば。

 

ということで探してたんですね。

同じスケールの1/72じゃデカすぎるし

手に入りやすい1/700じゃ小さすぎる。

行きつけの模型店に行くと

いいサイズのがありました。

 

f:id:akabo999:20201227001907j:plain

ミラージュホビーというメーカーの1/400。

中古で一つ200円、2つで400円!

消費税入れても500円玉でおつりがきます。

 

f:id:akabo999:20201226224930j:plain

今回はU-84を作ります。

中身はあっさりしてますね。

よく見ると手すりは一切ありません。

構造物の少ない潜水艦模型にとって手すりは

大事なアイテムです。

あるのとないのでは精密感が全然違います。

ということで不器用な私が手すりを自作という…

 

f:id:akabo999:20201226232830j:plain

ダボがないので慎重に合わせて流し込み接着剤で。

 

f:id:akabo999:20201226233012j:plain

不要ランナーを火であぶって伸ばした

いわゆる伸ばしランナーで柵を。

 

f:id:akabo999:20201226233925j:plain

柵の上に付く手すりはステンレスの針金を。

甲板上の手すりも伸ばしランナーで。

ありゃ、かなりよがんでますねぇ…

時間が無いのでこのままいきます。←毎度の言い訳(笑)

 

f:id:akabo999:20201226234311j:plain

グレーとブラックで塗り分け、レッドブラウンでサビを。

 

f:id:akabo999:20201226235200j:plain

100均で購入したフォトフレームに

潜水艦の型を切り抜いたスチロールを貼り付け。

以前買っていたモデリング・ペーストを盛り付けていきます。

買い置きしたモデリング・ペーストはあまり長く放置していると

水分が抜けて固くなりダマが出来やすくなりますね。

早めに使い切らねば。

 

f:id:akabo999:20201227002439j:plain

水溶きアクリルで海面に色を着けていきます。

北大西洋の冷たい海面をイメージして。

 

f:id:akabo999:20201227002628j:plain

今回初めて使用するモデリング・ウォーターを上から盛ります。

これって低い所に流れて平滑になるんですね。

粘度が高いと思い込み、波の造形をと思ってたのですが…

これなら持ってるグロスポリマー・メディウムでよかったなぁ…

 

f:id:akabo999:20201227003102j:plain

敵機を見つけて急速潜航を開始したところ…なんですが、

なんか緊迫感がないですね。

艦首をもっと海中に入れて波を盛り上げたらよかったなぁ。

まあ、時間が無いのでこれでいきます。←お約束(笑)

 

f:id:akabo999:20201227003550j:plain

f:id:akabo999:20201227003632j:plain

f:id:akabo999:20201227003717j:plain

Uボート発見、旋回して爆撃だ!」

「敵機だ、急速潜航!急げ、急げ!」

 

情景作品としてスケールアヴィエーション誌の

SAコンにも応募しました。

Twitterで他の方の応募作品を見て驚愕しておりましたが、

参加して楽しむことが大事。

いろいろと試すことも出来、

とても楽しい時間を過ごせました。

 

何もかも忘れて没頭出来る時間を持つことは大事だなと

つくづく感じました。

そしてその時間を許してくれてるカミさんに感謝です。

 

レベルPB4Y-1 製作記…

またまた間が空いてしまいました。

いろいろと書きたいことが山ほどあるのですが、

あまりに多すぎて頭の整理がつきません(笑)

とりあえず、今回も模型のお話を。

 

f:id:akabo999:20201219224812j:plain

レベル1/72スケール

コンソリデーテッドPB4Y-1 対潜哨戒爆撃機

敵の潜水艦を探し見つけて爆撃するアメリカ海軍の爆撃機です。

陸軍のB-24爆撃機を海軍用に改装されたものですね。

 

f:id:akabo999:20201219215217j:plain

行きつけの模型店の中古コーナーで見つけて即買い。

だってこのボックスアート最高でしょ?

暫くは押入れに積んでたのですが、

飛行機模型専門のスケールアヴィエーション誌が

爆撃機コンペ開催とのことで引っ張り出しました。

 

f:id:akabo999:20201219215718j:plain

とても旧いキットなので反りやバリが心配…

 

f:id:akabo999:20201219215921j:plain

デカールは黄ばんでるし使用不可と考えていいでしょう。

 

f:id:akabo999:20201219220032j:plain

f:id:akabo999:20201219220057j:plain

パネルラインは凹で、しかもリベットがびっしり!

車輪の出し入れ、フラップ可動とギミック満載。

とても楽しみなキットですね。

反りも少しの修正で済みました。

バリは多かったのですがコツコツと処理しました。

 

f:id:akabo999:20201219220425j:plain

まずは下地色として缶スプレーのシルバーを塗装。

なんか魚に見えてきました…

 

f:id:akabo999:20201219220651j:plain

時々仮組みして様子見ながら進めます。

 

f:id:akabo999:20201219220840j:plain

今回は塗装を済ませて組もうと思ってます。

下面色としてアクリルのフラットホワイトを筆塗り。

その後上面色のネイビーブルーを缶スプレーで。

写真撮るの忘れてますが境目はひっつき虫を使用してぼかしてます。

乾燥後スポンジヤスリで軽く表面をサンディング。

そうすることで飛び出しているリベットの塗装が剥げ、

リベットが下地のシルバーになって浮き出てくるという…

(うまくいっていると信じたい…)

 

f:id:akabo999:20201219221348j:plain

胴体左右を合体。

飛行中も再現したいので付属のパイロットを乗せています。

 

f:id:akabo999:20201219221618j:plain

案の定デカールは台紙から剥がれず破れてしまいました。

手描きできるとこは筆で。

 

f:id:akabo999:20201219222021j:plain

修正すれば何とか見れるでしょう…

 

f:id:akabo999:20201219222246j:plain

国籍マークは上手く描く自信がないので

模型店で別売りデカールを格安で購入。

1/48スケールのP-51用なのですが使えそうです。

 

f:id:akabo999:20201219222535j:plain

ピッタリです。

軟化剤を塗ってリベットに馴染ませます。

 

f:id:akabo999:20201219222734j:plain

それぞれ塗装を済ませたパーツを合体。

スミ入れして煤汚れを付けて完成。

 

f:id:akabo999:20201219214242j:plain

f:id:akabo999:20201219223519j:plain

f:id:akabo999:20201219223603j:plain

f:id:akabo999:20201219223635j:plain

初めての4発爆撃機の製作でした。

どの段階で塗装し組み立てるか…非常に悩んだ末の製作。

まだまだ己の腕の未熟さを感じさせられましたが

それでも楽しいと思える時間を過ごせました。

 

それにしても…

1/72スケールとはいえデカい!

私の中で一番デカい作品となりました。

達成感ありますね。

 

f:id:akabo999:20201219224454j:plain

バルコニーにて